KAGRA関連会議

会議カレンダーと会議予約

[How to use EVO(J)] [How to upload File(J)][how to upload File(E)]

EVOでの会議名が分からなくなったときは、EVO内の「検索」で「KAGRA」を探すとKAGRA関係の会議は出てきます。

ICRRのメールアドレスを取得している人は、そのメールアドレスを利用して予約できます。ただし、ICRR外ネットワークからのアクセスの場合、VPNでICRRのネットワークに入らなければなりません。VPN関係と場所の確保ができない場合は三代木に聞いてください。

会議のスケジュールは、各会議責任者が以下のgoogleカレンダーで行ってください。カレンダー図の右下の「google アイコン」をクリックするとログイン画面に行きます。共通googleアカウントは、事前に連絡したgoogleアカウント名前とパスワードで行ってください。各会議の詳細情報(場所など)も書き込んでください。設定後は、会議項目をクリックすると、詳細情報が得られます。

学会発表関連情報

KAGRA共同研究機関の表記(2011/7/15 現在)

学会の申し込みなどでKAGRA共同研究機関表記には以下をお使いください。自分が東大宇宙線研所属でない場合は、自分の所属と東大宇宙線研を入れ替えるか、全部ずらすかお願いします。

東大宇宙線研、国立天文台^A^、高エ研^B^、東大理^C^、東大新領域^D^、東大院工^E^、東工大^F^、阪市大理^G^、京大理^H^、電通大レーザー研 ^I^、東大地震研^J^、東大天文^K^、法政大^L^、産総研^M^、情報通信研^N^、阪大理^O^、京大基礎研^P^、お茶大理^Q^、日大総合科学^R^、新潟大理^S^、山梨英和大^T^、日大生産工^U^、弘前大理工^V^、東北大理^W^、立教大理^X^、広島大理^Y^、琉球大理 ^Z^、早大先進理工^a^、ぐんま天文台^b^、AEI^c^、Caltech^d^、UWA^e^、LSU^f^、RIT^g^, 北京大天文^h^、IUCAA^i^、Moscow Univ.^j^、LATMOS/CNRS^k^、中国科学技術大^l^、中国高能研^m^、台湾計量研^n^、 Maryland Univ.^o^、Columbia Univ.^p^、Glasgow Univ.^q^、Sannio Univ.^r^.

学会発表者記入規則

基本は
筆頭発表者^(所属記号) + その研究に関連するサブグループメンバー・貢献者各人^(各人の所属記号) + KAGRA Collaboration
です。
KAGRAに関する発表は、連続公演希望を出しますので(取りまとめ役が行います)、その最初の発表者の方だけ
筆頭発表者^(所属記号) + その研究に関連するサブグループメンバー・貢献者各人^(各人の所属記号) + KAGRACollaboration^(所属記号たくさん)
にしてください。(所属記号たくさん)は上記の「KAGRA研究機関の表記」を参照ください。